モチベーションを上げる方法

やらないといけないのに、なかなか手をつけられなかったり、ついつい他のことをしてしまい後回しにしたり、往々にしてそういうこと、あると思います。

一般的に良く言われているのは、5分でも良いからとにかくやり始めてみると、だんだんやる気が出てくる、というもの。

それはわかっているんだけど、はじめのその5分への取っ掛かりがなかなか出来ないのです。

やらないといけないけど、今やらなくて良いための言い訳を探し出すためなら、どんなに怠惰な人間も脳みそをフル回転させるんじゃないだろうかと、思うことが時々あります。

モチベーションは意図的に上げられるか

モチベーションを高く持てていれば、その最初の取っ掛かりがスムーズに出来て、最初の5分をやり始めることでエンジンが掛かって、計画していた通りの、いや、それ以上の生産性だって得られるはず。そんなことを考えたりしていました。

つまり、まるで追い風が吹く中走り始められるような、そういう、自分の怠惰という重い腰を持ち上げてくれる何者かの存在。

いつだって、モチベーションが最高潮の時は、「やりたくない」「めんどうくさい」なんていう気持ちに気付きすらしないくらいだったのだから。

どうやったらモチベーションを上げられるか、ネットでいろいろな情報を漁っていた時期があります。どれもなんとなく、なるほどと思えるものではあるのですが、ただ、これだ!というしっくり来るものはなかなか見当たりませんでした。

そうやってズルズルと時間をかけながらいつかは最高のソリューションが発見できるのではないだろうかと思いながら見ていく中で、最も共感できる記事に行き当たりました。

「モチベーションを上げるにはどうしたらいい?」→ある匿名の答えがすばらしいと評判に- らばQ

「モチベーションなんてクソくらえ! そんなものは気まぐれで、信頼もできず、ゴミみたいなもので、時間を使う価値もない。

モチベーションに頼むより、自主性を養うほうがましだ。自分に何かをするように強制するのさ。ベッドから無理やり起き上がらせ、動かすのさ。そして働かせる。

モチベーションはつかの間のものでしかなく、特に努力をせずに集中できるので頼るのは簡単だ。モチベーションは向こうからやってくるんだ。こっちから追いかけなくてよい。

自主性は頼りになるんだ。モチベーションは儚いものだ。

だから『どうやってモチベーションを上げよう』ではなく、『どうやってそれなしに行動できるように自分を鍛えられるか』なんだ。」

結局のところ、やる気の出し方や、モチベーションを維持する方法、みたいなものは無いというのがたどり着いた結論です。

無い、と言うよりは、記事にあるように、そんな安定しないものを信じるよりも、自身で出す力を身につけたほうが良い=自主性を鍛える、というその一言に付きます。

モチベーションの上げ方

とはいえ、外的要因からモチベーションを上げる方法が無いわけでもないのです。

そもそも、やる気がでない時というのはたいてい、「やらないといけないことはわかっているけど、今やらなくてもあとで良いじゃん」とか、「毎日やると決めたけど、今日くらいはお休みしても良いのでは?」みたいな、先送りできる状況だったりします。

え?今やらなくても良いことなら、明日やれば良いのでは?


パーキンソンの法則というのがあって、その第一法則は「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」というものです。
締切が決まっている仕事の場合、早く手を付けて真面目にやればやるほど仕事量は増えていきます。質を求めるあまり、やらなくても良いことをやり始めたりもします。

締切が決まっているものに関しては締め切り前日に焦ってやるのが実は一番作業効率が良かったりします。

100点満点は取れないけど合格点ギリギリは取れるわけです。

出世は出来ないかもしれないけど、与えられた仕事をきっちりこなすことはできるのです。

実はそれで十分だったりすることもあります。

そして何より、締め切り直前はモチベーションが上がります。敢えて自主性を鍛えないこと、そして100点や理想を追わないが、締切に追われることで、「やらなきゃいけない」という強制力が怠惰な心を吹き飛ばしてくれます。

疲れますが、割り切ってしまえば一つの方法ではあります。

自分にとって、そこで100点を取る必要が無いものというのは、人生には存在します。

「どんな物事にも全力で向き合う」というのは、言葉にすると美しいですが、人間の一生は有限です。時間は有限なのです。

「どんな物事に対しても最善を目指す」

こちらのほうが現実的で、真摯だと感じます。

モチベーションを上げるための重要なポイントの一つとしては、それは本当に今やる必要があるの?ということをきちんと認識することだと思います。

自主性を鍛える方法

そんな中で、理想の自分を追い求めるため、スキルを身につけるため、例えば資格試験や語学の習得や、肉体的なトレーニングやダイエットなどなど…、そういった、より良い未来を作るために自身に課した日々の努力があります。

こういうものにこそ、自分というリソースを、有限の時間を割り当てたいと考える人が多いと思います。でも、やり始めの最初の数日は、それこそモチベーションが高いのですが、やる気の低下具合も激しいのです。これの対処こそが、誰もが強く求める「モチベーションの維持」であり、そして、結論としての「自主性」だと思うのです。

モチベーションなんていう、気まぐれな精神状態を安定させる方法は結局のところみつかりませんでしたが、自主性を鍛えるということに関しては、信頼に足る、確立された方法論が既に沢山あります。

簡単にまとめると

  • 目的(なぜそれをするのか)を決めること
  • 目的が決まったら、目標を決めること
  • 目標がきまったら、いつまでにやるかを決めること
  • 成功(ゴール)への道筋(スケジュール)が明確になっていること
  • こまめに成果が見えるように細かいレンジで結果を評価すること
  • 目標に向けて今自分がどの辺なのか(達成率・進捗・実績)がわかること

加えて

  • 失敗しても、取り返しがつくこと
  • 仲間がいること

 

実はこれって小学生の時から、延々とやらされていることなのです。そうです。「夏休みの宿題の予定表」、もしくは「夏休みの計画表」です。毎日何時に起きて、何時から勉強する、とかのあれです。

「目標を決めて、計画を立てて、今自分がどこまで達成できているのかを確認する」

ただ、学校で教えてくれるのは、方法論であり、そして、失敗体験です。

夏休みの計画表を予定通りやれた人というのを、私はついぞ見たことがありません。もちろん中にはちゃんと出来る人もいたでしょうけど。

そもそも、学生の頃に作らされる計画表、いちばん重要な「目的」が無い中でやっても、それはもちろん失敗すると思います。

たとえば資格試験の勉強が長続きしない人がいます。そういう人は大抵、目的を「その資格を取ること」にしていたりして、そして失敗するのです。

そもそもなぜその資格を取るのかという目的が、実は意外と曖昧だったりすることが多いのです。

その資格を得ることで、何をしたくて資格を取るのでしょうか?

語学の勉強でも良いです。たとえば英語が堪能になって、何をしたいのでしょうか。

そういった、達成後の目的が曖昧なまま第一歩を踏み出す人が多いように思います。

もちろんなにか新しいことを始めようするのはとても良いことです。でも、毎回挫折を味わうために何かを始めるのなら、一度、始める前に考えることをしても良いと思うのです。

「私は、なぜ、これをするのか」

この目的が、自分自身で納得の行く具体的なビジョンにまで落とし込めると、小学校で書かされた「計画表」程度でも充分に役に立つのです。

「毎日1時間資格の勉強をする」というのを続けるのはモチベーションが持ちません。

でも、「この資格を取ることで、希望していた職種への第一歩を踏みだせる」→「資格を取ったらその業務のアシスタントの約束を取り付けた」→「試験日まで後100日だから、30日前までには模試で合格点とれるようにならなきゃ」→「今苦手な部分はこことここだから、月内にはこの部分は平均点とれるようにしなければ」→「今週は忙しいから、理解の出来ている部分を先にやって、来週の余裕のある時間に苦手な部分を終わらせなきゃ」→等々…

ここまで落とし込めば、「明日やれば良い」という言い訳がなくなるはずなのです。

明日やれることは明日やれば良いのです。でも、今日までにやらないといけないものがあったら大抵は今日やります。
だったら、今日までにやらないといけない明確な理由とスケジュールを作りましょう。

 

目的が決まれば、スケジュールに沿ってやるだけなので、モチベーションも何もなく、ただただ淡々とやるだけという、自主性に沿った行動がとれるようになっていくのではないでしょうか。